就労時の注意点

タクシーの模型

健康面に留意

街中で見かける「桜にN」のマークが付いたタクシー。これは日本交通の車です。日本交通はタクシー、ハイヤー業界の最大手の企業です。そんな日本交通の志望理由は「業界最大手の企業に勤めたい。」「タクシー、ハイヤーの運転手の仕事をしてみたい。」「お客様とかかわる仕事がしてみたい。」など様々あることでしょう。ここでは日本交通を志望するにあたり気を付けなければいけないこと、2点をご紹介します。1、 自動車運転免許1種を取得後3年以上で21歳以上であること。お客様を乗せて車の運転をするためには、2種免許が必要になりますが、日本交通では上記の条件をクリアーしていれば入社後に2種免許を取得できる制度があります。日本交通の社内制度はしっかりしていますが、上記の条件を満たしていなければ就職できませんので、まずはご自身の運転免許証を確認しましょう。2、 健康である・健康管理ができるタクシー運転手やハイヤーの運転手は、休日があるとはいえ、長時間勤務や夜遅いことがあるのも事実です。その上、乗車するお客様の命を預かる大事な仕事です。したがって、日ごろから健康管理をきちんとし安全な運転を心がけできる人が求められるのです。また、一般的にはタクシー運転手の採用面接の際には身体検査が必ず行われます。病歴もチェックされ、心臓疾患や糖尿病、肝硬変、精神病などの持病がある場合はタクシー運転手になれないようです。日本交通は約90年という長い歴史の中でお客様との信頼関係を強固に築いてきた会社です。そのためお客様の中には「タクシーは日本交通しか乗らない。」とおっしゃる人もいます。今回お伝えした2点に留意し、お客様ファーストの心を持った人ならばリーディングカンパニーである日本交通で戦力として働けるでしょう。

Copyright© 2018 事務職の派遣社員になろう!【働き方の選択肢のひとつ】 All Rights Reserved.