多業界で活躍できる

秘書と男性

正社員を目指す場合

秘書の仕事が人気を集めています。人気の理由は、秘書はどの業界でも求められる専門職であることやスキルアップが可能でキャリアパスが描きやすいこと、報酬が良いことなどが挙げられます。形態も専属(特定の個人付き)や秘書室(グループセクレタリー)などがあり、自分の希望や実力に合ったものからキャリアをスタートさせることも可能です。秘書の仕事とは、具体的には、社長や会社役員などの経営層、大学教授、医師、弁護士、政治家など、重要かつステータスの高いポジションに就いている人をサポートします。これに限らず、どの業界でも求められる職種であることに加えて、起業のトップや要人の近くで仕事ができることから経営についての知識やセンスを学ぶこともできます。会議や会食などビジネスでのお付き合いをアレンジする機会もありますので、ビジネスマナーに精通していくのはもちろんのこと、お店やお土産物などの食に詳しくなるのは職務上の役得ともいえるでしょう。珍しいところでは、コンサートやイベントなどのVIP席のご招待にあずかることもあるようです。そのようなお付き合いを通して、人脈が広がることも秘書の魅力のひとつといえるでしょう。グローバル企業では、海外出張に同行することも考えられます。思いがけず訪れてみたかった国に行けたり、訪問先の文化や食に触れることで視野が広がりますし、語学力が磨かれていくことでしょう。このようなお仕事ですから、正社員は競争率が高い可能性があります。正社員であれば雇用の期限がなく安定していますので、誰しも正社員を目指したいところでしょう。知識や経験が足りないことなどからすぐに正社員として働くことが難しい場合には、紹介予定派遣で正社員を目指したり、派遣社員で経験を積んでから転職するという方法もあります。細やかな気遣いや正確な仕事が求められ、急な予定変更やときにはトラブル対応なども任されることもあるでしょう。秘書は、企業のトップや要人の近くでビジネスの第一線を垣間見ることができる、面白くて奥深く、やりがいのあるお仕事です。あなたも秘書の正社員、目指してみませんか。

Copyright© 2018 事務職の派遣社員になろう!【働き方の選択肢のひとつ】 All Rights Reserved.