PC

応募する際に知っておこう

マークアップエンジニアで転職を考えている方は、求人に応募する前の準備は完了していますか?転職時、絶対に必要なのが、自分の実績がひと目でわかるポートフォリオの構築です。

タクシーの模型

就労時の注意点

「タクシー、ハイヤー業界で働くなら、業界最高級のスキルを身に着けたい」という方は、リーディングカンパニーである日本交通を検討してみませんか。この記事では日本交通に転職する際に気を付けたい2点をご紹介します。

秘書と男性

多業界で活躍できる

企業のトップや要人の仕事をサポートする秘書は、どの業界でも通用する専門職でスキルアップ可能、スペシャリストを目指せる人気のお仕事です。はじめから正社員として働くのはハードルが高いという場合、正社員を目指すいくつかのルートをお伝えします。

女性

体験談から学ぼう

学生やフリーターから大人気のリゾートバイト。求人に応募する際、皆さんは何を確認していますか?リゾートバイト経験者の私が、求人に応募する際に気をつけるべきポイントを3つ紹介します。

PC操作

事務職の選び方

派遣社員をの中でも比較的求人の多い事務職ですが、一般事務やOA事務、営業事務、専門事務などその業務内容は多岐にわたります。働き方や時給、業務内容・募集内容をよく見て応募先を検討しましょう。

事務職を知ろう

オフィス

オフィスワーク未経験の方にもおすすめ

派遣サイトや企業によっても異なりますが、派遣社員として比較的求人多い職種が「事務職」です。経理や人事、法務などの専門知識が求めらる「専門事務」を除き、基本的には資格や経験などは必要なく、一般的なビジネスマナーと簡単なパソコンスキルがあれば働くことができます。企業によって多少異なるため一概にはいえませんが、データ入力や書類作成などの部署を限定せずに幅広く担当するのが「一般事務」です。「営業事務」では、営業担当者をサポートするために資料作成や在庫管理、顧客対応などの業務を担当します。特に一般事務の仕事の多くはルーティンワークですので、スケジューリングをして仕事をこなせば基本的な残業は発生しないと考えてよいでしょう。営業事務や専門事務では営業担当者の仕事内容や自身が担当している業務内容によって残業が発生する可能性もありますが、残業が負担になる場合は派遣会社に相談をすれば派遣先と勤務内容の見直しの場を設けてもらえたり、派遣会社が直接派遣先に交渉してくれたりなど改善の余地が大いにあります。働き方の選択肢のひとつとして「派遣社員」を検討しているのであれば、オフィスワークの基本とも言える事務職はうってつけといえます。企業の土台を支える仕事でもある事務職を経験することは、コミュニケーションスキルやパソコンスキルなどが向上するだけでなく、ビジネスの流れや仕事の基礎を学ぶことにもつながります。また、これまで会社員経験のない方やオフィスワーク経験のない方が転職や就職を検討する際もさほどハードルが高くないこともおすすめポイントとして挙げられます。

Copyright© 2018 事務職の派遣社員になろう!【働き方の選択肢のひとつ】 All Rights Reserved.